覚醒時ブラキシズム(起きている時にする歯ぎしりの一種~TCH)

覚醒時ブラキシズム(起きている時にする歯ぎしりの一種~TCH) はコメントを受け付けていません。

以下のような体験をしたことはありませんか?

  1. 歯周病が、なかなか改善しない
  2. 顎の痛みが、軽減しない
  3. 日中や夕方に痛み出す
  4. 調整しても、入れ歯が痛い

これらの症状は、覚醒時ブラキシズムかもしれません。

歯ぎしり・くいしばりは、起きている時は持続が困難です。ただ、上下の歯が接触することは持続が可能です。この上下の歯の接触は、生理的範囲で1日17.5分と言われています。これを超えると覚醒時ブラキシズム(TCH)と言われます。

覚醒時ブラキシズムTCHは、寝ている間の歯ぎしり・くいしばりと同様に、さまざまなお口の病気(知覚過敏・義歯性疼痛・顎関節症等)に影響が及んでいる可能性があると考えられています。上記1~4にあてはまるような時は、歯科医師にご相談ください。

                              TCH~Tooth Contacting Habit(上下歯列接触癖)

〒068-0003 岩見沢市3条東2丁目6-3
TEL 0126-24-0513
(休診:土曜午後・日祝)

アクセス方法
函館本線 JR岩見沢駅より
車 :約4分
徒歩:約10分
駐車場完備(6台)
診療受付時間
reception

火・木曜は18:30まで
診療時間の変更などはこちら

Back to Top